メッセージ

2001年に静岡銀行から出向する形で携わった公的創業支援業務を通じて、日本の99.7%を占める中小企業が元気になることがいかに地域活性化にとって大切かを知り、どうしたらそれが実現できるのかをずっと追求してきました。

カギになるのは知恵やアイデアを提供できる「人」であり、資質さえあれば資格や経歴は関係ないはず。2008年から12年間運営を担った富士市の中小企業支援施設で生まれた実績と、この取り組みをロールモデルに全国の自治体が自らの中小企業支援施設を開設しそれぞれ成果を輩出していることが、この考え方が間違っていない事を証明しています。

コロナ禍の中で、私達は過去に経験したことのない経済危機を迎えています。日本全国の中小企業・小規模事業者と共に小さなイノベーションを次々と生んでいくことを、引き続き全力で応援していきます。

2020年10月 小出宗昭

公的中小企業支援と向き合い続けた20年小出宗昭STORY