ビズモデル型中小企業支援施設の立ち上げを支援します

新型コロナウィルス感染症の拡大により、2008年のリーマンショックや2011年の東日本大震災を上回る経済危機が日本を揺るがしています。緊急融資で企業の財務状況はこれまでになく悪化する中、地域経済をささえる中小企業に必要な支援は、売上をあげ、少しでも利益を増やしていくための具体的な知恵やアイデアを提供する高度なコンサルティングです。

ビズモデルとは

ビズモデル(Bizモデル)とは、小出宗昭が自身の経験を裏付けに提唱する中小企業支援手法を実践する、自治体が設置する中小企業支援施設です。

相談業務を担う人は全国公募し、選考では資格や経験よりも適性を問い、地元の経営者が自社の経営課題をなげかけその場での対応力を見ます。ポイントは「お金をかけず」「知恵やアイデアを使い」「新たな価値を生み出す」ことができるかどうか。初対面の相談者の信頼を短時間で得られカギになる情報を引き出せる、本人のやる気が高まるコミュニケーションができるといった事は無論必要なスキルです。

2022年2月現在全国24の自治体が設置していて、コロナ禍においても多くの実績をあげ、日本経済新聞社「日経グローカル」や、朝日新聞社のウェブメディア「ツギノジダイ」、近代セールス社「近代セールス」などで支援事例が連載企画になっています。

ビズモデル開設までの流れ

私どもは、新規開設に向けて一つひとつの課題をクリアしていくお手伝いを致します。おおまかな流れは次の通りです。1)については先ずは小出宗昭による説明を受けて下さい。それから自治体関係者や議会議員向けの講演会、中小企業向けの講演会・相談会等を実施して地域の理解を得たり、成果を出しているビズの視察をして現場のイメージを明確にしたりしていきます。

1)ビズモデルを徹底的に理解する

2)施設のイメージをかため人材公募の準備をする

3)人材公募、人材選考

4)人材研修

5)開設イベント開催、相談受付開始

6)開設

7)開設後のアフターフォロー

8)評価会の実施

お気軽にお問い合わせください

小出宗昭事務所 TEL 054-291-5580 Email toiawase@office-koide.jp